櫻井さんと知念さんを推す事務所担のブログ

「掛け持ちなんてありえない」それを覆したのが知念さんでした。

暗殺教室-卒業編- を観てきました!

はい!ども!!!!
すんなりと事務所の策略にハマり、遂に卒業編を観てきました!!!!!!(やっぱり)
前にも書いたのですがワタクシ、原作を全巻読んでおりまして(単行本派です)話の内容はだいたいわかってるが結末は知らないという状況でございます。実は前回前編が公開された時は「暗殺教室…とは…??あの黄色いやつの話…??」レベルでした。完全にキャストで観に行きました。山田くんっすね。
(あ、前編公開前に予告にて聞こえる暗殺教室の声がにのちゃんか否かという話題がありましたが、私が500%にのちゃんだという確信がありましたので速攻観に行きました。あれはにのちゃんよね。)
そーしたら話面白いんでないコレ?!?!?!となり単行本に手を出し、今やそっちが先行するように。その状況での続編です。…ハッキリ言います。

「「暗殺教室の筋書き、話が好きな人は漫画読んで!!!!(なまら大声)」」

細かいストーリーのカットが多かったですね。(特に学園祭の桃太郎!!あれはあんなに短くしたらいけん!!ドタバタ劇であっという間に学園祭終わります。)
あとさ!!烏間先生とビッチ先生のくだり!!あのね!俺の家は寺だかなんだかってくだり!!(読んだくせに曖昧)あれは入れて欲しかったですが…逆に映画はあくまでも渚と殺せんせーという対比。他キャストは若干手薄な印象でした。となるとなくても良かったのか…と思えます。
結末をここで詳しく書くつもりは無いですが、これは漫画と同じ終わりなのでしょうか?何とも簡単な終わりではありましたが私としては1番納得できるラストでした。ほんとにさよならセンセーションの歌詞通り「ありがとう、さよなら」でした。エンドロールラスト手前の山田のカットが良かったです。
私のように原作がどったら、ここのシーンがどったらと言わず、シンプルに山田二宮を観に行く方にとってはすごくいい内容だったかと思われます!!山田が茅野を抱き抱え守るとことかは山田の隠しきれないガタイの良さが出てて良かったです。(渚の設定ガン無視)あとは原作でも出てくるあぐりと死神のシーン。にのちゃんの柔らかい笑顔が本当に優しくて素敵でした。正直、2人とも好きですが原作からとなるとドンピシャ!!ではなかった私。ただ、2人ともにかなり原作のキャラクターを意識してるんだろうなぁと感じました。
(あ、山田キスシーンに不安を抱いてるJUMPくん担がいたら安心してください。(安村じゃないよ)全くジェラシーも感じないあっさりした感じでした!原作から見ると50分の1くらいです←)
茅野の恋愛話もほぼありません。かなりフラットな気持ちで観れます。(笑)(笑)


結果観に行ってよかった~!と思える内容でした!!(春休みだったのでほぼ9.8割小学生の中に交じるババアという謎の構造になりました。もはや引率の担任状態)
最近涙もろいのか、正直ボロボロ泣きました。隣の小学生男児がチュロス食うフリしてこっち見てきたくらい泣きました。(あの子がトラウマになってませんように)

にのちゃん、山田くんお疲れ様でした!&ありがとう!!!
これで世界一難しい恋の試写会が外れた傷も癒えました♡(また外れたんかい!!!!!)